HOME > APPSとは何か

いま、注目の『浸透型ビタミンC誘導体』APPSとは何か?

今、高い浸透力とその抗酸化作用や美白作用から、美容皮膚科で「浸透型ビタミンC誘導体」APPSが注目を集め始めています。
このAPPSとは、一体どういった美容成分なのでしょうか?

APPSについて

浸透型ビタミンC誘導体と呼ばれいる、APPS(アプレシエ/成分名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、現在までのリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加することにより、親油性を獲得した新しい水溶性ビタミンC誘導体です。

新浸透型ビタミンC誘導体 APPS

皮膚は表皮のバリアによって、水溶性のものを通しません。しかし、油溶性のものは通すという性質を持っています。
APPSは親油性を獲得しているために油溶性の性質を持ち、表皮のバリアを通り抜け、真皮や皮膚細胞の中まで浸透します。そのため、真皮のコラーゲン生成を促し、肌の奥からメラニンを排出すると同時に、細胞内のメラニンに直接働きかけ、色素沈着、しわ、ニキビを改善、ハリ・ツヤのある透明肌へと導きます。

ビタミンC誘導体は、これまで「水溶性」、「油溶性」の2つがありました。それぞれの特徴は以下のように分類できます。
水溶性ビタミンC誘導体の特徴は「表皮で効果を発揮する」。
油溶性ビタミンC誘導体の特徴は「真皮へ浸透し真皮で効果を発揮する」 。
浸透型ビタミンC誘導体(APPS)は、水溶性ビタミンCの効果と、油溶性ビタミンCの効果、どちらの作用も持ち合わせています。そのため「浸透型」と呼ばれています。

「浸透型」ビタミンC誘導体としての2つの特徴

1低刺激性

水溶性ビタミンC誘導体では、刺激、皮膚の赤み等の副作用がある方がいますが、APPSでは、ほぼ刺激ゼロです。
敏感肌の方や、乾燥肌、ニキビの炎症のため水溶性ビタミンC誘導体の刺激で赤みが出る方でも、肌への刺激を気にせず使用できます。

2浸透力の強さ

浸透力は今までのビタミンC誘導体の数十倍から100倍とも言われています。
下記のグラフは美白化粧品に主に使われるアスコルビン酸グルコシド(ビタミンC誘導体)とAPPSを比較しました。健常ボランティアからの皮膚切片に0.5%ずつ塗布して、4時間後の浸透量を表しています。このグラフからAPPSが圧倒的な浸透力を持っていることがわかります。APPSは、開発中の数多くのビタミンC誘導体の候補の中から最も浸透力が高いものとして美容皮膚科などの医療機関などでも注目されており高い効果と低刺激を両立している非常に優れた化粧成分とえいます。

ビタミンC誘導体の表皮内の含有量を測定

APPSの主な6つの効果

1美白効果

メラニンの生成を抑制し、しみや色素沈着を薄くします。ニキビ痕の茶色い色素沈着を目立たなくさせます。

2コラーゲン生成促進作用

線維芽細胞の働きを高め、肌にハリをもたせます。ニキビ痕の窪みを改善させます。

3活性酸素除去作用

皮膚細胞内に浸透することにより、ニキビやしわ、しみなどの原因となる活性酸素から肌を守ります。

4保湿作用

保湿力を高める作用があり、乾燥しにくい肌をつくります。

5抗老化作用

遺伝子レベルで細胞の老化を抑えます。

6皮脂分泌抑制作用

皮脂の分泌を抑制し、毛穴の開きを引き締めます。肌のきめを整え、ニキビ・脂漏性の赤ら顔を改善させます。

APPSの安定化

APPSは優れた効果を持っていますが、安定化が難しい成分です。
「安定化」というのは、商品化した際、成分が分解しないように持たせる技術です。
APPSは通常ですとなんと2週間~3週間でビタミンが分解されてしまうのです。
(下図参照)ですので、高い濃度での配合(0.1%以上)の場合は、2剤(パウダーとエッセンスや溶液)に分けて使うなどの方法がとられていました。
ドクターメディオンでは、独自のノウハウにより高い濃度でも安定化することに成功しました。

APPSの時間経過による比較

VCプラスシリーズは高濃度ビタミンC誘導体の安定化に成功し、効率的にマルチビタミンを肌に補えるスキンケアシリーズです。

VC+シリーズ ご購入はこちら