炭酸パック プチ講座

炭酸パック(酸素パック)の歴史と展望

日置正人医学博士

今ではドクターメディオンの象徴的な存在となった炭酸パック(酸素パック)、スパオキシジェル。

炭酸パックが生まれた背景には、治療に励む一人の医師の熱意によって発見されたストーリーが存在します。

今から約20年前、皮膚科医である日置医学博士は床ずれで苦しむ患者さんのために、治療薬を考案していました。そこで注目したのが、以前から創傷に効果的だとされている炭酸治療です。長きに渡る研究を経て、日置医学博士は炭酸治療を応用し、二酸化炭素を効率的に患部に使用できるジェル状の物質を開発しました。そしてそのジェル状の商品は、創傷治療に対して絶大な力を発揮したのです。

そんなある日、彼が自宅の鏡で自分の顔を見ると、驚くべき事実が発覚しました。

博士の右の頬だけが妙にツヤがあり、引き締まっていたのです。実は実際に患者さんに治療として使用する物だから、と開発者としての意識から彼自身片方の頬にだけ習慣的にジェルを塗っていたのです。

こうして明らかになった美容効果を持って、化粧品として初めて炭酸パックが世に出ました。

炭酸パックが優れている点は、その効果が著しいばかりでなく、その原理がとても理論的であることです。人間が本来持っている仕組みを巧みに応用しており、将来医薬品として新たに生まれ変わるものと期待されています。

㈱メディオン・リサーチ・ラボラトリーズが国際特許を申請し、各国で次々に承認されています。

さてここでは化粧品としての炭酸パックについてお話しいたします。

いままで炭酸パックは10年もの間エステサロンを中心に販売されていました。

2剤を混合して使用するなど、使用方法が少し特殊である事や、何よりも説明が必要であることがかえってエステサロン向きだったのかもしれません。

この10年の間に徐々にエステサロンを中心に広まり、美意識の高い人々によって口コミが醸成されてきました。

そのおかげで使用方法も違和感なく受け入れられ、ようやく一般消費者向け化粧品としてデビューする事ができました。

炭酸パックは10年もの助走期間を経てようやくスタートしたといってもいいでしょう。

通常、化粧品の寿命は3~4年で入れ替わるといわれています。

新しい成分が開発されては新しい化粧品が次々と誕生しています。

化粧品選びはあまりにも選択肢が多いため、私たち消費者はそれこそ何を基準に選択すればいいのか分からなくなっています。酸素からエネルギーを得ている私たちにとって酸素でお肌を潤す炭酸パックは体の仕組みそのものを利用しています。そしてこの仕組みが変わらない限り、永遠に続く化粧品といっても過言ではありません。

どうして酸素が必要なのか?

新芽

炭酸パックは酸素でお肌を潤わせる働きを持つのですが、そもそもどうして酸素が必要なのでしょうか?

人に限らず私達動物は酸素をエネルギーとして生命活動をおこなっています。どうして酸素が必要なのか?

そんなに難しく考えるまでもありません。酸素が無ければ10分も生きていけないのです。

皮膚の細胞もある意味一つの生命体ですから、酸素をエネルギー源としているのは固体としての体と全く同じです。

お肌の細胞も酸素が必要なのですが、残念ながら年とともに酸素の供給量は減少してきています。

その理由ははっきりと判明していませんが、遺伝子的にそのように決定されているのかもしれません。

それを補う事が出来るのが炭酸パックなのです

炭酸パックの効果的な使い方

炭酸パックは作用メカニズムが明瞭なため、その仕組みを理解すれば、さらなる力を引き出すことができます。
エステサロンなどでよく使用されているフォトやライト機器と組み合わせればかなり高い相乗効果を得られます。
開発者である日置医学博士が手がける日置クリニックではレーザーやケミカルピーリングと組み合わせて効果を高めています。
なにしろどんな美容施術も究極の目的は新陳代謝を活発にすること、細胞が元気になるためには最後に酸素からエネルギーを得なければならないからです。
それでも、そんなに頻回にエステサロンや美容クリニックに行く事はできません。
美容機器だってみんなが購入するわけでもありません。そんな方のためにドクターメディオンが勧めるとっておきの美容方法をお教えします。
ドクターメディオンの『アプレシオンエッセンス』をパックの前に使用するのです。
たったこれだけでビタミンCのイオン導入並の効果が期待できます。
元々、炭酸パックの作用メカニズムの一つにDDS作用(皮膚内へ有効成分を浸透させる作用)があり炭酸と酸素の作用についてなかなか皮膚内へ浸透することが難しいビタミンCだって皮膚の中に引っ張り込むことが可能なのです。
少し贅沢ですが、パックを落としてから再びアプレシオンエッセンスを使用すればトラブル肌対策は万全です。

酸素の害はだいじょうぶなの?

天草フラボノイド、ブドウ種子エキス、ビタミンCでSOD活性を高める

炭酸パックはむやみやたらと酸素を押し付けているわけではありません。私たちの体の仕組みを利用して体の内側から自然に酸素を供給しているのです。

私たちの体はもともと酸素を利用してエネルギーを獲得しているので、酸素の害を防ぐための様々な機能が備わっています。たとえばSOD酵素です。SODとは活性酸素を除去する酵素のことです。

このSOD酵素があるおかげで酸素の害から守られているのです。

自然な形で酸素を消費する時にはこのSODが機能するのです。

スパオキシジェルにはさらに万全を期してビタミンCや甘草フラボノイドやブドウ種子エキスなどの抗酸化物質を豊富に配合し、SOD活性を高める成分を豊富に配合しています。

効果を最大限に、副作用を最小限にすることはまさにドクターズコスメならではの考え方です。

炭酸パック=酸素パック

炭酸パック=酸素パック

炭酸美容の代表格といえば炭酸パックをご存知の方も多いと思いますが、『炭酸パック』と『酸素パック』は同じものなの?という質問をよく受けます。

答えは"イエス"です。

炭酸ガスを閉じ込めたジェルなので『炭酸パック』と呼ばれています。

その炭酸ガスを閉じ込めたジェルは塗布することで、お肌に酸素を届けます。

ですから、『酸素パック』とも呼ばれるわけです。

※詳しいメカニズムについては、『炭酸と酸素の作用』でご説明します。

『炭酸』を閉じ込めたジェルをつけて『酸素』を届ける。どの時点をとるかで呼び方が変わっていたわけです。


炭酸パックはどれも同じ?

炭酸パックジェル

この問いは、化粧品はどれも同じ?と聞いているのとまったく同じだと思われます。

炭酸パックは美容医療機関やエステサロンなどで10年もの間使用され実績を積み重ねてきました。

そこで培われたノウハウを生かし、開発者である日置医学博士により改良が加えられ完成したのがスパオキシジェルです。

皮膚の専門家が開発から製造まですべてにかかわった真のドクターズコスメであり、そこには生命感あふれる肌に導くためのすべてのノウハウが込められています。

※スパオキシジェルはエステやクリニック等で使用されている【炭酸パック】をベースにホームケアアイテムとしての完成度を高めた商品です。自宅にいながらエステで受けた施術と同様の効果を得られます。

SPAOXY GEL ご購入はこちら
炭酸パック
スキンケア
ヘアケア
炭酸ヘッドスパ
サプリメント
定期購入商品
コンテンツ
よくあるご質問
初めての方へ
Dr.MEDIONについて
お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-468-121

お電話は土・日・祝を除く
平日10時〜18時まで受け付けております。

QRコード
携帯・スマートフォンサイト

スパオキシジェル・炭酸パックのパイオニア、ドクターメディオン
シンプルだけど妥協しない、正しい皮膚学と確かなサイエンスに基づいたドクターズコスメ

HOME特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針返品特約ポイントについてお問い合わせ   Copyright (C) Doctor medion All Rights Reserved.